収益不動産は毎月の家賃収入が入るのが魅力的です。
それがあれば老後の年金の補填としても安心材料となります。
しかし、そんな安心な老後を迎えるためには、物件を黒字化させる必要があります。
そして年金生活が始まった時点で、物件のローンが完済されていることが理想的です。
そうすれば安心な年金の補填になります。
ですが、それ以外にも物件を稼げるようにする方法があるのですが、それはいったいどのような方法なのでしょうか。

老後の年金の足しになる?確実に黒字にするには?収益不動産の疑問を解決!

老後の年金の足しになる?確実に黒字にするには?収益不動産の疑問を解決! 収益不動産投資をするうえでは、いくつかの疑問がありますが、その一つに確実に儲かるのか、もしくは黒字にすることが出来るのかということです。
結論から言うと確実に黒字になる物件というのはありませんが、不動産はオーナーの努力次第で、黒字化が可能であるということです。
不動産は株式などとはちがい、自分で家賃の金額などをコントロールすることが可能です。
そのためもし赤字続きの収益不動産であっても、修繕や管理の方法によっては、黒字化させることも可能なのです。
どのように黒字化できるのかは、物件によりその方法は違うことでしょう。
理由は不動産には二つと同じものが存在しないからです。
黒字化でさらに、ローンが完済されているような物件は最高です。
老後の心配もなくなるでしょう。

収益不動産を運営していく中で取り分となる利益の概要

収益不動産を運営していく中で取り分となる利益の概要 アパートなど収益不動産を不動産投資として購入をした場合、事前に想定利回りを確認することは必須条件ですが、利回りが良く、空室になる期間も短いという物件では、安定した家賃収入を得られるので老後の年金代わりのように長い期間にわたり利益を確保することができます。
収益不動産でアパートなど比較的中規模以上の物件の場合は、通常は不動産管理会社と契約することが前提です。
会社により違いはありますが、アパートでは入居者に対して管理費を徴収しているものなので、例えば8万円の家賃であっても管理費が5,000円であれば、75,000円が基本となる利益になります。
これだけで済ませられる範囲であれば問題はありませんが、不動産管理会社との契約時に家賃回収代行会社と契約する場合、毎月の管理費だけでは修理修繕できない範囲が出てしまう場合は、利益はもっと下がってしまいます。
退去者が出た後には、前もって支払っている敷金からリフォーム費用を引き出すことは出来ますが、自然劣化など入居者に問題が無い劣化の場合は、オーナーが修繕費を支払うことが一般的なので、家賃額から管理費用を除いた部分の全てを受け取れることではありません。
更に古くなると外壁塗装やフローリングの張替えなどが必要になるので、オーナー側は得ている収入の中からある程度のリフォーム資金を貯めておくことは大切なことではないでしょうか。

収益不動産を持つ場合に得られるメリットとは

収益不動産を持つ場合に得られるメリットは色々とありますが、その中でも注目したいのが安定した収入を確保できる点です。
その物件の入居者が退去しない限りは、賃料として毎月定期的に収入が入ります。購入時には頭金程度は用意できても、収益不動産の取得にかかるお金全てを現金で用意することはできないという人が大半ですが、その場合でもローンを組むことができ、自己資金を上回る物件を購入することが可能です。当然利息は支払うことになりますが、それでも融資返済額や固定資産税等の総額を賃料が上回れば利益を出せます。また、不動産は現物資産であるため、インフレに強いという点にも注目したいところです。インフレ対策としていくつかの収益不動産を所有している人もおり、レバレッジを働かせているケースではインフレになると借入金の価値が相対的に下落します。団体信用生命保険に加入していると、加入者に万が一のことがあっても返済の義務がなくなり、生命保険のかわりにもなります。

収益不動産を取得する前に知っておきたいデメリットとは?

中古戸建てや分譲マンションの一室を収益不動産目的で取得し、賃貸に出すという不動産投資を副業としてされる方も増えてきています。確かに、中古戸建や分譲マンションの一室であれば、一棟マンションを建築又は取得するよりは取得費用が安く抑えられる分、魅力的に感じられます。しかし、このようなメリットだけではなくデメリットも当然あります。
それは空室の問題です。通常一棟マンションのような収益不動産だと、多くの部屋数を抱えているため、多少空室となったとしても、全く収益がなくなることはありません。一方、中古戸建や分譲マンションの一室のような収益不動産だと空室が即収益の消滅につながります。現金で購入した場合、それでも維持費等の出費だけで済みますが、ローンを組んで購入している場合、ローンの支払いも負担となって重くのしかかってきます。払えなくなると最悪の場合、自己破産せざるを得ない状況に追い込まれます。このように中古戸建や分譲マンションの一室を収益不動産目的で購入する場合は、自己資金で購入するか、ローンを組む場合でも、収益がなくても支払える額を借りましょう。

収益不動産の購入と賃貸経営で失敗しない方法

入居者のニーズを考えて物件情報を絞り込むと、高い収益が実現できる一棟売りのマンションなどを買うことができます。そのためにはいち早く物件情報を手に入れることが重要であり、会員制の収益不動産の情報サイトが役立ちます。
会員向けの独自情報を活用するのが、ハイグレードな収益不動産を手に入れるコツです。また目先の利回りだけを重視すると、将来的に建物の老朽化が進むことによって経営が失敗します。したがって物件を厳選するプロセスでは、表面利回りに加えて築年数なども重視するのが理想的です。検索機能が充実した情報サイトを駆使すると、投資に最適なアパートやマンションを見つけることができます。購入してすぐに家賃収入を確保したいときには、オーナーチェンジ物件を購入する方法もあります。けれども新築物件であれば、最初は全室が空室でもすぐに満室経営が実現できます。しかも新築物件は維持管理コストが安く、オーナーの負担も極めて小さいです。

収益不動産を購入する場合の業者選びのポイント

収益不動産を購入する場合には、業者選びのポイントを押さえておかなければなりません。
一般的な不動産の取り扱いと違い、様々なノウハウや知識が必要です。初心者がこれから収益不動産の取り扱いを始めようとしている場合には、大手で信頼できる会社に任せるのが安心です。大手は経営が安定しているというメリットがあり、契約手続きの時もスムーズに行えます。蓄積されているノウハウによって気持ちの良い取引ができる傾向にあり、細かな要望も叶えてくれます。既に何度か取引したことのある人で売りたい人は、より有利な条件で進めるためには中小企業の方が良い場合もありますので、それぞれの業者の特徴をよく把握した上で決めることが大切です。逆に購入したい初心者は高値で取引してしまう可能性が高くなりますのでお勧めできません。高値で売れるということは、買う人がいるということです。このようなケースでは、初心者が相場よりも高額だと気付かずに契約してしまうことが多々あります。

不動産投資をする前に収益不動産に関する税金について知っておこう

最近副業として、不動産投資を始める方が増えてきています。不動産投資をされる際に、どうしても利回りばかり検討しがちになりますが、収益不動産取得にあたってかかわってくる税金についても検討する必要があります。
まず収益不動産を取得すると、所有権移転登記を申請することになります。この申請にあたっては、法務局に登録免許税を納める必要があります。税率は、原則として土地は固定資産評価額に15/1000(建物は20/1000)となっています。また不動産を取得する際に作成する売買契約書にも印紙税が課税されます。税額は不動産の売買価格によって異なります。さらに不動産取得後数か月が経過すると、地方税事務所から不動産取得税が課税されます。基本的に不動産の固定資産評価額の3%分を納める必要があります。不動産取得税も登録免許税もマイホームの場合は、一定の要件を満たせば軽減措置がありますが、収益不動産については軽減措置がないため注意が必要です。

収益不動産の情報を集めよう

収益不動産